FC2ブログ

建築日記

続いて建築現場の状況。

大工さんの仕事はほぼ終了して、今日は、2人の職人さんが塗装工事をされていた。
挨拶をして中を見てまわった。

まずは玄関。
思ったより狭い(というか圧迫感がある)かな!?
建築現場P1000803 建築現場P1000804 建築現場P1000787

玄関脇には格子造作もつくられてました。
建築現場P1000783

畳が丘も搬入済み。
建築現場P1000780

電話、パソコン用の台。
建築現場P1000782 ちょっと中途半端やったかなぁ。。。

リビングとダイニング。
腰板の塗装も完了していた。(ちょっと安っぽく見えるかな。。。)
建築現場P1000788 建築現場P1000789 建築現場P1000790 建築現場P1000791
オリジナルキッチンのパインの扉も白く塗ってもらうよう頼んでみたが、
塗れなくは無いが、工場でクリア塗装されているので、その上に塗っても上手く塗装が乗らず、
見た目が悪いのでおすすめできない。と言う回答だったので、やめました。

階段を上がると、手摺子もついてました。
建築現場P1000775

続いて、外回り。
窓枠はカスタニ。なかなかいい感じ。
建築現場P1000793 建築現場P1000794

雨樋も設置済み。
建築現場P1000797

妻飾りも付いてました。
設計氏さんに、何か意味があるの?と聞くと。単なる飾りです。とのこと。
最初は、只の飾りなら、お金が掛かるだけなので要らないと言ってたのだが、
外観がちょっとシンプル過ぎて寂しい気がしたのと、いくら掛かるか聞くと、1つ1万円です。とのことだったので、ちょっと変化をつけるために付けてみました。
建築現場P1000799 建築現場P1000809

最後に気になる点が2つ。
まずは、南側の一階と二階の外壁の境。
早くもペンキがボロボロと剥がれていた。
窓枠を塗装されている職人さんにはさすがに聞けなかったので、
帰ってから早速工事管理のN氏にメールした。
建築現場P1000800

あと、屋根のサイドの白いペンキの部分に、黒い汚れがイッパイついていたので
何かと見てみると、小さな虫がくっついて死んでいた。
まだ生きている虫もいたが、何か虫を引きつける物質があるのだろうか???
建築現場P1000807
スポンサーサイト



テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

木工教室

今日もまずは木工教室から。

3つ目の課題がようやく完成。
年末にやり始めたので、丸二ヶ月。
思った以上に時間がかかってしまった(ただし1月は1回しか行ってないが)。

とりあえず、完成品はこちら。
木工教室_課題3P1000820 木工教室_課題3P1000821

持ち手がちょっと中心からずれてしまったけど、まぁ上出来でしょう。
木工教室_課題3P1000822 木工教室_課題3P1000823

あられ組もこうしてみるとぴったり合わさってます。ただ、右側は、2段目に縦線が入ってしまった。
これは、ノミの歯をいれるための線を、罫引き(けびき)という刃物がついた道具でいれるのだが、ちょっとはみ出してしまった痕。
木工教室_課題3P1000819 木工教室_課題3P1000824
先生から、表に出る方は、痕が目立つからはみ出さないよう慎重に。と言われていたのだが、
ちょっと失敗。そのときはこれくらいなら問題ないか(?)と思っていたが、
仕上げのオイルを塗るまでは、全く目立たなかったのだが、オイルを塗ったら結構ハッキリわかるようになってしまった。。。
でも、まぁ、良く見れば。というレベルなので、上等でしょう。
ちなみに、これでも組み合わせの隙間を若干補修してます。わかるでしょうか!?

補修には、ご飯粒と木の粉を練り合わせたパテを作って隙間を埋めるのですが、小さな隙間だと最後にオイルを塗るとほとんど目立たなくなります。

さて、課題の仕上げをしつつ、今日からスツールの作成を開始。
今日は、座面の木接ぎ(きはぎ)と脚の部分の木取り、そして脚を丸く削る加工を実施。
木接ぎは、座面が1枚の板では取れないので、木と木を張り合わせます。
接着面に機械で溝を掘って、間にビスケットと呼ばれる合板の薄い板をはめて木工ボンドで接着。
こちらは、今日のところは、ボンドが乾くまでお預け。

次に、脚の部分の木取り。これは、1枚の板から部材を切り出すことで、
今回は800mm×180mmの板から、丸鋸で50mmの棒を3本切り出しした。
さらに切り出した棒を、電動鉋で真四角に加工。最終的に45mm四方の棒を3本作る。
ここまでは、機械で簡単にできたのだが、ここからが大変。

脚は丸く加工したいのだが、これが手作業。鉋でせっせと削り少しずつ丸くしていく。
それがこちら。
木工教室_スツール1DCF_0209
左から、真四角に加工した棒、角を落として八角形にした棒、そして、鉋を使ってほぼ丸に加工した棒。
ちなみに、1本目は真四角の状態から、全て鉋で八角形、十六角形と段々角を落としながら丸くしていった。重い鉋を使って、1時間以上削って削って削りまくる。最後は握力が無くなって、鉋を何度も落としそうになったけど。なんとかここまで丸くできた。
ところが、せっせと削っているそばで、先生が一本を機械で八角形に削ってくれた。
機械でできるなら、最初から教えてくれ~~。
まぁ、鉋でけずるのは一番楽しいくて好きやし、1本目ぐらいは全部手作業でやってみるというのもよかったかもしれない。
でも、のこり2本(と脚をつなぐ2本の横棒)は、もう少し楽させてね。

というわけで、本日の作業はここまで。
まだちょっと太くて、完全な丸ではないのと、両サイドを細く真ん中を太くしたいので、まだまだ削らねば。。。

あと、次回までに鉋の刃も研いでおく必要があるな。

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

ちょっとだけ仕様変更

ここに来て、ちょっとだけ仕様変更を工事管理者のN氏に打診してみた。
我が家は1階の玄関からリビングダイニングにかけて、
腰板を張っているのだが、これは白く塗装する仕様。
昨日、その後のメンテのために、塗料分けてもらっていた方が良いですよ。
というアドバイスをいただき、さっそく依頼メールを送ったのだが、
塗装ついでに、キッチンのパインの扉も同じように塗装してもらうことが
できないか?と、ふと思い立ち、現在打診中。

塗装していても、経年変化で、少しずつ色は変化しますよ。と設計のときに
聞いたので、最初は真っ白でも数年たてば味がでてくるのではないか!?と
期待してるんやけど、どうやろ???

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

建築現場

木工教室の後は恒例の現場見学。
今日は、室内ではいつもとは違う大工さん2人が、腰板貼りをされており、
外でも2人の職人さんが窓の周り縁と屋根の下や胴付のペンキ塗りをされていた。
寒いなかご苦労さまです。

まずは玄関から。
腰板が貼られていました。
我が家の腰板は、このあと木目が透ける程度に白く塗られる予定。
建築現場P1000764 壁の角の上部は格子造作が付く予定。

建築現場P1000766 玄関のシューズボックスも設置されていた。ちなみに左半分はコート掛けにしてます。

こちらは、ニッチ造作。
建築現場P1000763 さて、何を飾ろうか。。。

二階の主寝室のウォークインクローゼットには、棚が出来てました。
建築現場P1000757 こちらは布団置き場。

建築現場P1000758 こちらは、下に二竿のタンスを置く予定。手前は棚の幅が広いので、余り重いものは乗せられないかも。。。

建築現場P1000759 こちらは、下にハンガー用の棒が付く予定。

続いて階段。
建築現場P1000761 ファミリールームから見たローカと階段。

建築現場P1000762 階段を上から。

外壁もペンキが塗られて、完成間近。
建築現場P1000768 玄関。

建築現場P1000769 窓の周り縁は茶色。その上の胴付きは白。

建築現場P1000770 ちなみに、窓枠はカスタニーを選択しているが、それはまだこれから。

あと1週間か10日で足場も解体される予定。うぅーん、はやく全容を見てみたい。

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

木工教室

今日も、まずは木工教室から。
3つ目の課題である木の箱がようやく完成。
木工教室_課題3DCF_0205 木工教室_課題3DCF_0206

先週までで、箱と取っ手の加工まで完了していたので、今日は取っ手を箱に取り付ける作業。
ただ、その前に、なぜか箱の座りが悪く、ガタガタするのでそれの修正。
おそらく、底板をはめるための溝彫りで、裏表を間違えてしまい、逆に組まざるを得なかった影響と思われる。
まずは、小さな鉋で高くなっている角を削るのだが、肝心の鉋が未調整であったことが判明。
そのため、先に鉋台の調整から。これに少々時間を使ってしまった。
その後ようやく箱の調整。平らな台に乗せてガタガタする支点になっている角を削る。
ところが少々削りすぎて逆がガタガタしする始末。
ちょっとずつ削ってようやく落ち着いたので、今度は角の面取り。
四隅は機械で丸くけずり、あとは紙ヤスリでゴシゴシ。
それが終わると、両サイドに取っ手を取り付ける棒を接着するためのダボ穴をあけて、最後に木工ボンドで接着して終了。
ボンドが乾くまでは金具で留めて、来週までお預け。

次は、いよいよ自由課題の作成。
こんな感じのスツールを作成する予定。
img55772592.jpg

今日のところは、あまり時間がなかったので、工房にある木材のなかからよさそうな木材を選んで、表面を削り、座面の大きさに合わせてカットするところまでで終了。
次回からいよいよ本格的に作成開始だ。

ちなみに、箱の方は、仕上げに木工用オイルを塗って終了。

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

建築現場

工事管理のN氏からメールが来た。
土曜に見たときはまだ石膏ボードの状態だったが、パインの板が貼られたようだ。
二階は極力お金をかけないつもりでいたが、何もなしはちょっと寂しいので、
変化をつけるために二階の一面だけ、パインの板張りにしてみました。
建築現場DSCF6297

ところで、工事の方は順調とのこと。
あと10日ほどで大工さんの内部工事は完了らしい。
気がつけば、上棟からはや一ヶ月。あと一ヶ月後には施主検査だ。

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

多肉植物の寄せ植え

SWHのモデルハウスで実施された多肉植物の寄せ植え教室に(嫁さんが)参加してきた。
3時からなのだが、その前にS生命のライフプランナーとの打ち合わせをモデルハウス内でさせてもらう予定だったので2時に到着。
まずは、展示場横の駐車場が満車で入れなかったことにビックリしたが、モデルハウスに入ると、予想以上の人でまたビックリ。
いままで、何度もモデルハウスにはお邪魔したが、パーティ以外でこんなに混んでるのを見たのは初めてだ。
2時から打ち合わせの予定だったが、S生命のライフプランナーさんも、引っ張りだこ(?)で、暫く待って、ようやく2階で打ち合わせ開始。
その後、打ち合わせの終了が3時を少しまわってしまい、1階に降りると、すでに講習会が始まっており、十数名のSWHオーナーの奥様方が講習をうけられていた。予想以上の人数でまたまたビックリしてしまった。
自分も一緒に聞いておこうと思っていたのだが、人数的にも、雰囲気的にも入っていくのは難しかったので嫁さんだけ参加して、自分は奥で本を読みながら待つことにした。

営業のAさん曰く、今日はいろんなイベントを詰めすぎた、とのこと。
3時までは検討中の方向けの相談会を実施されていた模様。不況でもこれだけ人が集まるってことは営業さん達の努力のたまものでしょうか。

さて、講習会で(嫁さんが)作成した寄せ植えはこちら。
多肉P1000748 多肉P1000751 多肉P1000750
なかなか可愛くできているのではないでしょうか!?
ちなみに、グリーンネックレスは、これまで3回ぐらい枯らしてきているので、今回は花が咲くまでしっかし育てていきたい。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

建築現場

木工教室の後、家の進捗状況も確認してきた。

まずは、キッチン。
手前は作業台で、ここで、パンやそば打ちをする予定。
奥の左側がクッキングヒーターで右がシンク。
建築現場P1000705

建築現場P1000708

建築現場P1000715

建築現場P1000714


こちらは、電話とパソコンを置く予定の台。
思ったよりも位置が高かった。もう10cmほど低い方がよかったかも。。。
建築現場P1000709

階段もついていた。
建築現場P1000711

床にはフローリングが張られていた。
建築現場P1000707 こちらは、一階(バーチ)。

建築現場P1000710こちらは、主寝室(ウォールナット)


そして、今日は足場を登って、屋根も見てきた。
すると、太陽光発電パネルもすでに設置されていた。
建築現場P1000720 建築現場P1000729 建築現場P1000722
京セラのECONOROOTS
SWHのハウスオブイヤーのキャンペーン商品を営業のA氏にお願いして、なんとか一枠あけてもらい適用してもらったおかげで、安く設置できたのだ。

屋根からの眺め。
建築現場P1000724 建築現場P1000725 建築現場P1000733 建築現場P1000734

外壁も一通り貼り終わり、窓枠などの仕上げが残るのみの模様。
建築現場P1000736 建築現場P1000739 建築現場P1000740

階段やキッチンなどが取り付けられていて、だいぶイメージができてきた。

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

木工教室

今日も朝から木工教室に行ってきた。
8:30からなのでいつもと同じぐらいに起きなければならないのだが、
会社に行くのとは違い、起きるのはそんなに辛くない。
それにしても、今朝は特に2月とは思えないぐらい暖かく、久々に暖房もいらないぐらいだったのですんなり起きられた。

それはさておき、今日は最後の課題を仕上げるつもりで行ってきた。
まずは、先週木工ボンドを付けて組み上げた"あられ組"の箱から、四隅の出っ張った部分をノコギリで切り落とす。その後、切り落とした部分で少し残ったところを鉋でけずり、さらに、目の粗い紙ヤスリでノコギリでできた傷などが無くなるまで削る。
それが終わったら、次は、取っ手の加工だ。
箱の両サイドに縦に棒を取り付けて、さらに棒を横に通すのだが、それぞれカーブを付けて削る必要がある。
まずは、ジグソーという電動ノコギリで弧の形に切り取り、後は、台座が丸くなった鉋でシコシコ削る。
角もある程度鉋を使って削り、あとは、紙ヤスリで整えていく。
これを3本やると思ったよりも時間がかかり、残念ながら今日はここで時間切れになってしまった。
あとは取っ手を箱に取り付けて完成。来週には完成できそうだ。

実は、先週、1つ大きなミスをしでかしてしまった。箱を作る4枚の板は、合わせ目を間違えないように、隅に番号を書いて、上下左右裏表を間違えないよう慎重に削っていたのだが、底板をはめるための溝を機械を使って削る時に、1枚だけ裏と表を間違えてしまったのだ。
先生は、このまま組むか、削った部分を埋めて削り直すしかない。と言われ、とりあえず、組んでみると、何とか組むことが出来たので、微調整してそのまま組んだ。
しかし、隙間なく完全に組むことはできず、少しだけ隙間ができてしまった。
今思えば、削った部分を色違いの木で埋めてもよかったかも。でもまぁ、何とか形にはなったのでよしとすることに。

これが、仮組した箱。ここまでくればもう一息。
木工教室DCF_0204

来週はこれを仕上げて、いよいよ最初の作品づくり。
はじめは、テレビ台をと思っていたが、多分入居までには間に合わないので、とりあえず、パソコンを置くための作業台用のスツールを作る予定。

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

ロートアイアン

ネットを見ていて、鉄製のネームサインを見つけた。
ロートアイアンと言うらしい。
SWHオーナーのブログに、SWHのムースのキャラクターをかたどったロートアイアンのネームサインが
取り付けられているのを見て、一目で気に入ってしまった。
さっそくロートアイアンで検索してみると、シュミーデマイスターという工房を見つけた。
手作りなので、それなりにお値段が張るが、門柱か玄関先に取り付けるといい雰囲気になりそうなので、思い切って注文してみた。
3週間ほどかかるみたいだが、いまから注文すると、外溝工事のころにちょうど出来上がりそうだ。

昨日、デザインのラフスケッチをお願いしたら、今日にはもうメールが来ていて、
レスポンスもなかなか早い。
プロフを見ると、「趣味はドイツの古い街を歩き回ること」とのこと。
きっといい作品を作ってくださるはず。期待してます。

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

カニ祭り

通販で購入した"若松葉ガニ"が届いた♪
若松葉ガニP1000692

若松葉ガニP1000696

若松葉ガニP1000693

嫁さんがどうしてもカニが食べたいと言うので、最初は山陰方面へのカニツアーを検討したが、結構高いし、カニしゃぶと焼きガニが食べたいということで、なかなかいいツアーがなかった。
だったら、通販で取り寄せた方た安いし沢山たべられるということで、ネットで調べて取り寄せることに。
注文したのはココ(魚辰さん)
今の時期は、脱皮後のカニで"若松葉ガニ"というのが取れるらしく、普通の松葉ガニよりは実入りが少なく(6,7割りらしい)、その分リーズナブル。
今週始めに注文したものが、今日届いた。
5杯入りだったのだが、脚が1本はずれたカニがおまけで1杯ついて、全部で6杯。

若松葉ガニP1000694

若松葉ガニP1000698

さばくのに結構時間がかかったけど、甲羅が柔らかいので、思ったより楽で、
カニしゃぶ、焼きガニ、鍋、甲羅焼き、雑炊と、久しぶりにタップリ堪能できました。
あ~~幸せ♪♪
若松葉ガニP1000702

というわけで、ちょっと早めの結婚記念日でした。

テーマ : お取り寄せグルメ
ジャンル : グルメ

バスルームと外壁

今日も現場に行ってきました。

今日はユニットバスが設置されていた。
行った時にちょうど工事が終わったところで、工事の方にライトを照らしてもらいながら写真をとることができた。
バスP1000678

バスP1000679

バスP1000681
オリジナルシステムバス(TPシリーズ)Sタイプ、鏡の周りはソフィーグリーン
周りの壁は単なる白ではなく、薄い格子状の模様がはいっており、清潔感があって予想以上にいい感じ。

つづいて、キッチンには、作業台が造作されていた。
キッチンP1000685

あと、二階の各部屋にはドアが取り付けられていた。
ドアP1000682

ドアP1000683

ドアP1000684

そして外壁。
一階が張り終わり、二階も北側と東側を残すのみ。
外壁P1000686

外壁P1000688

外壁P1000690
足場とシートで本来の色合いが少し分かりにくいけど、イメージ通りで、結構いい感じ。
フラッシュホワイトといっても、目地に若干色がついていているので、落ち着いた感じになっていた。

最後に、一区画あけて隣の家が、早くも上棟しており、外壁から屋根まで出来上がっていた。
先週見たときは、基礎が完成したところだったが、1週間でアッと言う間に建っていた。
ちなみにメーカーは、SWHと同時に昨年ハウスオブイヤー・イン・エレクトリックを受賞したI工務店。
着工はうちより一月ほど後で、完成は5月後半となっていたが、外側だけなら追い越されてしまった。





テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

外壁工事

N氏より工事の進捗状況が届いた。
内部造作工事と同時に外部のサイディング工事も開始したとのこと。
外壁工事DSCF6231

外観の色は設計の時にかなり悩んだ。いっぱい写真を見せてもらい、イメージに近い色合いの家を見に行ったり、松宮台をウロウロしたり。。。

最初は宝塚のモデルハウスのような感じをイメージしていたのだが、
加古川に完成見学に言った家がまさにイメージしていたのに近かったので、
逆に同じにしたくないという心理がはたらいてやめにした。
三宮の事務所でもサンプルをいろいろ見せてもらったが、蛍光灯の下で小さなパーツだけでは
本来の色合いとは微妙に違うような気がして、なかなか決まらず。
結局すっきりとした色合いがいいということで、一階はリカメキシのフラッシュホワイト。
二階はフラッシュホワイトだとあまりにも真っ白になってしまいそうなので、
Vスリットウッドラインのクリアホワイトに決定。

悩んだ末の外壁の色が、実際にどんな感じなのか、果たしてイメージ通りになっているのか。。。
また今週も土曜に木工教室があるので、その後で見に行くのが楽しみ(ドキドキ)だ。

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

ポン菓子

会社帰りに駅から自宅までの途中で、ホロをつけた軽トラが止まっていた。
近づくと、ほんのり甘い香りがしたので、パンか何かの移動販売かとおもったら、
ポン菓子屋さんだった。

懐かしさから、一瞬買っていこうかと思ったが、そのまま素通りしてしまった。
ポン菓子といえば、子供のころ年に数回、近所にポン菓子屋さんが来てくれて、
そこに親からお米と砂糖を渡されて、それを持って買いにいったものだ。
お米と砂糖と数百円をおじさんに渡すと作ってくれるのだ。
機械にお米をいれて、暫くクルクルまわるのを見ていると、おじさんがおもむろに、
ハンマーを握るので、それを合図に手で耳を塞ぎ、バーンと爆発するのをドキドキしながら待ったものである。
爆発すると、網の籠に膨らんだお米が出てくるので、それをもらって帰っておやつにしていた。

当時は、田舎だったうちの近所には、ポン菓子だけでなく独特の音楽を流しながら、豆腐やタマゴ食料品などの移動販売が良く来ていたが、そういうのを思い出した。。。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

春節祭

新居で使うテレビ台を、神戸HDCにある風樹の塔という家具屋さんに注文しに出かけたのだが、
電車の中で携帯ニュースを見ていると、中華街で春節祭のイベントをやっているいうニュースが出ていた。
なので、急遽、元町まで足を延ばして行ってみる事に。
きっと大混雑だろうと思ってはいたが、予想通り(いやそれ以上)混雑していた。
春節祭DCF_0194

春節祭DCF_0195

まずは、ちょっと腹ごしらえをしようと、老祥記を目指したが、持ち帰りの方まで大行列ができていたのであきらめることに。
ラーメンでもたべようと思ったが、どこもかしこも行列で、おまけに、お巡りさんが拡声器で「一方通行です」と叫んでいるので、目的地には中々たどり着けず。仕方ないので、大回りして西側の中華街入り口付近で、店頭で売ってる四川風坦々麺(300円)を買って食べた。(おいしかったのだが、大きな麺の塊が入っていた。。。やはりある程度人気のある店の方がいいようだ)

その後は、獅子舞がお店を一軒一軒回っており、その写真を撮ろうと近づいたが、そこも人人人で大混雑。
ようやく近くに来たので、なんとか携帯のカメラに納めることができた。
春節祭DCF_0198

春節祭DCF_0199

ブログをはじめてから、なんかネタになることは無いかと探すようになってしまい、
これはいいネタになると思って行ってみたのだが、結構大変やった。

さて、人ごみに疲れたので、中華街を後にして本来の目的であるテレビ台の注文のために、家具屋さんに行ってきた。
あらかじめザックリとしたデザインを書いて持っていったので、その場で見積もりも出してくれた。
ちょっと高めだが、無垢材の家具は一生物なのでよしとすることに。
1週間ほどで、図面を書いて送ってくれるとのこと。
完成まで30~40日かかるようだが、入居までには十分間に合いそうだ。
プロフィール

アヤたか

Author:アヤたか
兵庫県の小さな町でスウェーデンハウスを建てたアヤたかです。
建築中の様子と、2009年3月からはスウェーデンハウスでの日々の暮らしを、2010年3月からは子育てについても、徒然なるままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード