FC2ブログ

木工教室

午前中はこれまた恒例の木工教室へ。
先週から引き続き、最後の課題である木箱。
"あられ組み"の凸凹の削りだしの続き。
一角ずつ順番にノコギリとのみで削っては、ためしに組み合わせ。少しきついと微調整。
これを順番に繰り返しながら、今日のところは、3箇所完成。
残念ながら時間が無くて、最後の角は次回に持ち越し。

木工教室_課題3P1000676

木工教室_課題3P1000677

しかし、作業の途中で、先生に短い辺の凸の角は、ノコギリで落とした方が早いと言われ、それまでのみで削っていたのだが、言われてみれば。。。
練習のときもそうやっていたのを思い出た。しかし、最後になって言われても。
この時間のロスが無ければ、今日で5枚組みは終わっていたのに。

でも、先生からNさん(私)は早いよ。と言われた。
だんだんノコギリやノミの使い方に慣れてきて、面白くなってきた。
また、普段と違う集中力が出て、いい気分転換にもなっている。

来週は、今の課題を仕上げて、その後はいよいよ自由な作品作りだ。
最初はテレビ台の予定だったが、テレビ台は買うことにして、椅子を作ることにしている。
次回は椅子のデザインも考えていかねば。
スポンサーサイト



テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

現場見学

今日も毎週恒例の現場見学にいってた。
先週は作業されてなくて、外から見ただけやったけど、
今日は大工さんが2名で作業中だった。

1階で作業されていた大工さんに挨拶し、持参したスリッパに履き替えて、先々週の上棟打合せ以来、2週間ぶりに中に入った。

まずは見ておどろいたのが、大量の石膏ボード。
工事管理のN氏からのメールで、今日から石膏ボード貼りをするとの情報だったが、家中となるとこんなに大量なのかと驚いた。
配管工事P1000651

配管工事P1000656

配管工事P1000653

大工さんはと言うと、キッチンの作業台位置の天井に、なにやら木材を取り付けられていた。
そういえば、あとでキッチンに天井から吊り下げる棚を取り付けられるよう、天井にあらかじめ板をいれてもらうようお願いしていたのを思い出した。
配管工事P1000655

配管工事P1000665


続いて気になったのが、キッチンに取り付けた窓。
配管工事P1000659 配管工事P1000660
確か、外から丸見えにならないように型ガラスにしたはずが、透明のガラスが入っていた。
家に帰って設計図をみると、「T1107型」と記載されている。これは、N氏に連絡せねばと思い、さっそくメールしておいた。
SWHのブログをいろいろ見ていると、施主さんが結構間違いを指摘されていて、そういうことがあるんやなぁ、ぐらいに思っていたが、まさか自分家でもこんなことがあろうとは。。。
やっぱり、こまめに見に行ったほうがいいようだ。
=>ところが、N氏から早速返事があり、「SWHの規格には、「T1107」の窓には型ガラスが無いので、透明ガラスを搬入・施工し、建物が完成する前くらいにガラスのみを型ガラスに交換するという流れになる」とのこと。
そうだったのか。。。というか、設計のときに設計士さんにそのような話を聞いたような聞いていないような。まぁ、とりあえず一安心。

ちなみに、前回、上棟打合せでは肝心なところの写真を撮り忘れたので、今回は、若干大工さんに気を使いながらパシャパシャと撮影してきた。

こちらは、1階洗面所の換気装置
配管工事P1000652

Natural Wood
配管工事P1000654

天井にはピンクの断熱材
配管工事P1000658

キッチンからリビングを撮影
配管工事P1000661

洗面所とバスルーム
配管工事P1000662

配管工事P1000663

洗面所からリビングを撮影
配管工事P1000664


さて、1階を一通り見たので、大工さんに断って2階にもあがってみた。
こちらは、結構ベテランの大工さんが、天井の点検口周りの作業をされていた。
ちなみに、ラヂオからは演歌が流れていた(^^;

こちらは、木の節が面白かったのでパシャり
配管工事P1000667

二階寝室窓から見た玄関の屋根
(コロニアルグラッサ・アイリッシュグリーン、色はコーディネーターさんのお勧め)
配管工事P1000668

ウォークインクローゼットから主寝室を撮影
配管工事P1000669

主寝室から廊下を撮影
配管工事P1000670

最後に今後の予定が玄関ドアのダンボール紙に書かれていた。
配管工事P1000657

2階も一通り見たので、大工さんの作業の邪魔にならないよう、今日の見学は終了。
大工さんにお礼を言って外に出た。

中にいると気づかなかったが、今日は風が強く、しばらく外をウロウロしただけで体がスッカリ冷えてしまった。
建築中とは言え、中にいると足場とシートが風でバタバタする音も無く、寒さもましだった。入居後がマスマス楽しみになった。(入居が3末の予定なので、そのころには暖かくなってると思うが。。。)

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

配管工事

工事管理者のN氏から久々にメールが届いた。
先日出したメールの返事や工事の進捗が来ないとおもっていたら、
インフルエンザにかかっていたとのこと。このところ寒さが厳しいので、野外の作業は大変かも。

さて、配線・配管工事が終わって、昨日から大工さんの造作工事が始まったとのこと。
写真も添付されていた。
こちらはキッチンのようだ。
配管工事DSCF6183
しかしこっちは。。。どこやろ。
配管工事DSCF6181

上棟から10日ほど経つので、どれくらい進んでいるのか早く見てみたいが、週末まで待つしかない。
が、今週の土曜日は作業してるやろか。。。
先週の土曜は閉まっていたので、もしかしたら、今週もだめかも。
そうなったら、嫁さんに平日見に行ってもらうしかないかな。

ところで、先週、漸く外溝のプランがメールで届いた。
打ち合わせをしたのが、去年の10月。
だいぶ時間が経っていたので、いくつかお願いしていたことが抜けていた。そのため、再見積もりを依頼。
2回目が一昨日とどいたが、まだいくつか不満があったので再度変更を依頼した。
実家の親戚にお願いしているが、ちょっとレスポンスが悪い。。。
次は満足のいく見積もりが届くことを期待。

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

雪化粧

朝起きてカーテンを開けると、外は薄っすらと雪化粧していた。
垂水で雪が積もるのは年に1回あるか無いか。
早速カメラを向けてみた。
雪化粧P1000642

雪化粧P1000643

雪化粧P1000644

雪化粧P1000647

雪国の人から見るととても積もっているとは言えないが、このあたりで雪化粧が見れるのは珍しい。
しかし、朝日が昇るとあっと言う間に消えてしまった。
実家は結構雪が積もるのだが、昔から雪が積もるとなぜかうれしかったのを思い出した。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

建築現場と播磨町沖

昨日も、木工教室の後、建築現場に行ってきた。
先週撮れなかった1階の写真を撮ろうとおもっていたが、行ってみると残念ながら作業されておらず、鍵が掛かっていたので、中には入れず、外からのショット(北西と南西側)を撮ってきた。
家P1000623

家P1000624

仕方ないので帰ろうかと思ったが、そういえば海まで直ぐなのだが、まだ家から南には行っていなかったので、行ってみることにした。
真っ直ぐ南に下ると、数分で海。その先の橋を渡ると埋め立て地の工場団地が広がっていた。
予想していたよりも広大な埋立地だった。
播磨町沖P1000626 播磨町沖P1000632 播磨町沖P1000633 播磨町沖P1000634

播磨町沖P1000635

釣りをされている方も沢山いたので、引越し後は釣りもしてみたい。
あと、自転車で堤防沿いを走ってみるのもいいかも。。。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

木工教室

昨日、久しぶりに今年初めての木工教室に行ってきた。
本当は、正月明けに直ぐ行くつもりやったけど、風邪を引いたので延期。翌週は上棟打合せだったので、4週間ぶりだ。
今回は、年末に途中まで進んでいた課題3の仕上げを実施。
木工の基本的な木組みの方法である"あられ組"である。
凸凹が合わせて五つあるので5枚組ともいう。
木工教室_課題3P1000637

木工教室_課題3P1000636

前回は、荒削りをまでを実施していたので、あとはのみで仕上げを実施。
しかし、組んでみると中々はいらない。
ノミで微修正を実施し、組み合わせて見えなくなる部分もえぐるように削ってもう一度トライ。
少し硬くても打ち込めば大丈夫ということで打ち込んでいくと、なんと、ヒビが入ってしまった。
もう一度微調整を実施して打ち込むと今度は逆側にヒビが。。。
一度ヒビが入るともう元には戻らないので、これはもう仕方ない。幸いタダの練習台なのでこの失敗を次に生かせばよい。
ちなみに、もともと板の厚みより5ミリほど余分に削っており、組んだ後にはみ出した部分を切り取って仕上げるのだが、この練習台は仕上げても仕方ないので、これで終わり。

次は、最後の課題の作成にとりかかる。
今度は四角い箱。これは四方を"あられ組み"で組んで、最後に持ち手もつける。
これまでの3つの課題で実施した技を使って作り上げることになる。
まずは、組み合わせる方向の判断。
木表と木裏を判断する。薄い板なのでわかりにくいが年輪の微妙な輪郭をみる。年輪の弧の内側が木裏で外側が木表。基本的に木は乾くと、年輪の弧が真っ直ぐになるように反っていく。
なので、箱を作るときは、木表を内側にする。そうすると反りが出ても、合わせ目にすき間ができないので見栄えが良い。
裏表がきまると、組み合う辺同士がわかるように印(番号)を付け、ここからが墨付け。
「けびき」という道具で、板の厚さ足す5ミリ程度の位置に記しをつけて、スコヤという直角の道具を使って鉛筆で線を引いていく。
5枚組みで削る部分と残す部分に○×をつけて墨付け終了。

次は、削りとる部分にノコギリで切れ目を入れて、その後ノミで削っていく。
今度は失敗しないようにと慎重にやったつもりだが、ノミがちょっとずれて、少々へこみができてしまったが、これぐらいなら大丈夫とのことで一安心。
今回は、最初の一辺の荒削りの途中で時間切れとなったので、続きは次回となった。

木工教室_課題4P1000648

木工教室_課題4P1000649

木工教室_課題4P1000650

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

第1回SWHオーナーコミュニティー

SWH明石展示場の営業さんの発案で、SWHオーナーコミュニティーが開催された。
オーナー同士の親睦を図る場を、SWHの展示場が提供してくださるのだ。
今日がその第一回の発足記念ということで、お題は「お気に入りの一品」。
それぞれが、地元の名産や普段つい買ってしまうお気に入りの品を持ち寄り、食事をしながらいろんな話をして交流しましょうという趣旨である。
正式には未だオーナーでは無いのだが、せっかくの機会なので参加してきた。
残念ながら、妻は病み上がりのため、私一人での参加になってしまったが、自慢の品を持って行ってきた。

案内が来たときに「お気に入りの一品」として浮かんだのが、家で良く作るその名も「コリコリとり軟骨のから揚げ」。
出張でホテルに泊まるとき、コンビでビールと一緒に軟骨のから揚げをおつまみとしてよく買っていたのだが、ある時、近所のスーパーでとりの軟骨を売っているのを発見。
もしかして家でも作れるのでは?と思い、買ってきて作ってみたのが始まり。
これが、予想以上に簡単でおいしくできたので、以来、ちょくちょく買ってきて作っているのだ。

今回、きっとお酒を飲む人が来られるだろうと思い、もって行くことにした。
作り方は簡単。ビニール袋に軟骨を入れて、塩コショウ、醤油、粉末の鶏がらスープの素、タンドリーチキンの素などを入れてよくもみ下味をつける。
その後、片栗粉をいれて袋をシャカシャカ。
あとは、サラダオイルで揚げるだけ。一個一個が小さいので、オイルも少なくて済み、短時間で揚がる。(ちなみに揚げすぎると水分が抜けてパサパサになるので注意が必要だ)

今日も2パックほど買ってきて調理し、持っていった。
ただ、それだけではちょっとさみしい(しかも原価が安いのでちょと申し訳ないし)ので、昨日仕事帰りに元町で播磨焼きも買ってきた。播磨焼きは、実家の近所に工場があり、昔から親しんできたお菓子なのだ。(昔は安くておいしい庶民のお菓子だったのだが、最近は少々高級(?)路線になってしまい、昔のお徳用袋は今はどこにも売ってない。。。)

さて、開始時間の17時を少し過ぎて展示場に着いたのだが、
ん!? まだ参加者があまり集まっていない。。。
クリスマスパーティには100人ぐらい来られたということなので、いったいどれほど来られているのだろうと思っていたのだが、思ったより少ない。
まだ後から来られるのだろうかと思っていたが、結局参加されたのは、私を含めて4組だけだった。
それに営業さんが2名。

ただ、その中に、なんと今建築中の播磨町でご近所さんとなる先輩オーナーご夫婦が来られていた。
いつかご挨拶したいと思っていたのだが、思いがけない場所でお会でき、お話することができて非常によかった。

ともあれ、総勢9名+おちびちゃん2名、途中で発案者のN氏が加わり、記念すべき1回目のオーナーコミュニティが発足した。
まずは自己紹介と各自持参した品物の紹介で始まり、住んでみてわかったことやSWHのよさをそれぞれ話してくださり、未だ半人前のプレオーナーとしてはとても参考になった。
ちょっとうらやましくもあり、自分も早く住みたいという思いが増すます強くなった。。。
あと2ヶ月、過ぎてみるとあっと言う間やと思うけど、待つ身には長く感じる。

あと、少人数だったので、1つのテーブルを囲んでじっくり話しを聞けてとても良いパーティでした。
軟骨から揚げも好評でみなさんに喜んでいただき、おちびちゃんにまで食べてもらえて一安心。
播磨焼きも華麗満月(カレー味の揚げせんべい)は皆さんご存知なかったらしく、こちらも好評でした。

ただ、一つ失敗したのは、写真を撮るのを忘れていたことだ。カメラはあえて持っていかなかったのだが、携帯で写真を撮るつもりが、スッカリ忘れていた。というわけで今日は画像はなし。
次回は忘れずに撮っておこう。

次は営業さんがはまっている多肉植物の寄せ植え教室があるらしい。
以前から多肉植物にはちょっと興味があったので行ってみようかな。。。

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

家具

新居で使う家具を思案中。
買いたいのは、
・テレビ台
・ソファ
・ダイニングテーブル&椅子

入居時点でほしいのは、とりあえずテレビ台だ。
今は、メタルラックに乗せているが、これだけは新しい家には合わないのでもって行きたくない。
一度テレビを乗せてしまうと、60kg近くあるテレビは、一人ではとても移動できない。
男2人は必要(嫁さんと2人ではちょっと無理)なので、これだけは引越しのときにちゃんとセットしておきたい。

うちのテレビは、32インチのブラウン管。背面の出っ張りが55cmほどあり、幅も75cm。
なので、コーナーに置かざるを得ない。
いまどきの薄型テレビだとそれに合った台はいろいろあるが、60Kgもあるブラウン管用のコーナー型テレビ台で、家の雰囲気に合ったものはなかなか無い。
無ければつくればいいと考えて、木工教室に通ってはいるが、まだ、課題に取り組んでいる最中であり、最後の課題は、少々時間がかかるらしく、その後でテレビ台を作ると、3末に間に合わない可能性が。
それよりも、納得の行くものが出来る保障も無い。
いっそのこと、テレビも買い換える!?という考えもちょっと浮かんだが、ハイビジョンも見れて、まだ故障もしていないのでもったいない。それよりも予算が無い。買い換えるなら37~40インチは欲しいが、まだまだ高いのでNG。

そんな中で、昨日、神戸の大塚家具にソファを見に行ったのだが、同じビルの2階に手作り家具の店があったの覗いてみると、無垢材を使用したとても雰囲気のいい家具が置いてあった。
その中でテレビ台もあったのだが、しっかりした木材を使用し、大人3人ぐらいのっても大丈夫とのことで、すっかり気に入ってしまった。
店の名前は、「風樹の塔(ふきのとう)」
最初に目に付いたのは、ダイニングテーブルだが、木目が綺麗で、思ったよりもずっと安かった。
中を見て回ると、タモ、クルミ、ナラ、樺桜、ウォールナットなど、無垢材のテーブルが沢山おいてあり、どれもいい感じやった。

テーブル用の板も沢山置いてあり、一枚板はさすがにびっくりするほど高いものがあったが、2~3枚を合わせた板は比較的安い。

ここで、ダイニングセットとついでにテレビ台も買う気になった。
ただ、注文から完成まで40日ぐらいかかるとのこと。
ダイニングテーブルなどは、一生ものになりそうなので、家の雰囲気に合ったものを作りたい。
そうなると、内装が出来てから注文した方がいいのだが、テレビ台はそれまで待てない。
悩ましいところである。
とりあえず、2月の上旬までにもう一度いって、テレビ台だけは注文するつもりだ。

その後、大塚家具でソファを見て回った。かわいい女性の担当者が付いてくださり、人気のある品をいろいろ見せてもらった。すわり心地はどれも良かったが、見積もりを聞くと22万。
ソファーにとてもそんな大金をかける余裕は無いので、こちらはもう少し探すしかない。

まぁ、ソファとダイニングテーブルは、最悪今使っているのをしばらくそのまま使えばいいかな。

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

若生植木農園

昨日の上棟打ち合わせの後、神戸の北区にある若生植木農園に、庭木を見にいってきた。
新居の玄関先に植えるシンボルツリーを何にしようかと思案しながら、ネットでいろいろ見ているとき、若生植木農園のHPを見つけた。
場所は、よく行くゴルフ場の近くだとわかり、時間があれば見に行きたいと思っていた。
しかし、日曜祭日は生憎休み。そして、土曜は木工教室などいろいろなイベントがあり、なかなか行く機会がなかった。

上棟打ち合わせの後、ちょうど時間が出来たので漸く見に行くことができた。。
でも、急に思い立ったので、地図は用意しておらず場所はうろ覚え。
なんども道を間違えながら、なんとかたどり着いた。しかし、神戸市とは思えない田舎だった。(私の実家と変わらないか、さらに田舎。。。)

駐車場に車を入れると、園内の地図をもって農園の方がでてこられた。
冬場ということもあり、客は私たちだけだった。
植木P1000591

親切な方で、どんな質問にも丁寧に答えてくださった。その方にいといろ話をききながら、園内を一通り見て回った。

まず玄関先のシンボルツリーの候補としているのはオリーブ。
植木P1000596
成長は早く、太陽を好むいらしい。

あと、候補に上げているのは、シマトネリコ
植木P1000597
こちらは寒さに弱いらしく、ここの農園は、昨日も最低気温は氷点下だったとのことで、葉っぱが茶色く変色し、一部枯れていた。
常緑なので暖かいところでは、通常冬でも葉は緑だ。
あと、成長は非常に早く、条件がよければ4,5mにもなるらしい。
お風呂の目隠しにと思っていたのだが、話を聞いてちょっと気が変わってきた。

続いて目にとまったのが、初めて聞く名前の植物。
植木P1000587
植木P1000588
その名も、「ドドナエア・ホップブッシュ・プルブエア」
オーストラリア原産で、春から秋はグリーンの葉が、冬は赤茶色に変色する珍しい植物。
花も綺麗で、耐寒性もあり育てやすい植物だそう。
我々夫婦向きの木で、これが一気にお風呂の前の植え込みの候補になった。

次は、コニファー。
植木P1000595
植木P1000594
もみの木とホプシーもあった。
ネットを見ると、ホプシーにあこがれるひとも多いようだが、成長が遅いので大きくなるのじ時間がかかり、びっくりするほどお高いらしい。その上、もともと寒いとことの植物なので、暑さに弱く、難しいらしい。
もみの木も基本は寒いところの木なので、南の方では難しいようだ。
とはいえ、SWHの先輩オーナーで、11月のザ・スウェーデンハウスにも登場されているM氏の家にシンボルツリーとしてドイツトーヒが植えられており、これがカッコいい。
できれば植えてみたいが、こちらはおいおい考えていきたい。

そして最後は、ジューンベリー。
育てやすくて丈夫で、おいしい実が生り、さらに大きくなりすぎることも無いなるという、理想的な庭木だ。
話を聞いて、絶対にこれを南側のデッキの前に植えたいと思っている。
植木P1000592
植木P1000593
最近とても人気があるらしく、敷地の中でも結構広い範囲にいっぱい植えられていた。

ここで豆知識。
根元から数本の幹が出ているのを「株立ち」
1本だけの幹の木が「一本立ち」
「株立ち」は木の高さで値段が変わり、「一本立ち」は幹の太さで値段が変わるらしい。

庭木については、入居後少しづつやっていきたいと思っているので、今のうちにいろいろ吟味してちょっとずつやっていきたい。
ちなみに、植え込み工事まで植木屋さんにお願いすると、だいたい植木の値段と同じぐらいの工事費がかかるらしい。
なので、実家で軽トラをかりて、自分で取りに行って、自分で植え込みまでやろうと思う。

ところで、肝心の外溝工事(門柱や駐車場)の見積もりが未だこない。
もう上棟まで来たので、そろそろ見積もりがほしいところだ。
とりあえずメールを一本送ったので、今週ぐらいには出てくるかな。。。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

上棟打合せ

今日はいよいよ上棟打合せ。
気温は低めながら見事に晴れ渡った空の下、
ちょっとドキドキしながら勇んで行って来ました。

地鎮祭のときに神主さんから渡された、屋根裏に上げて納める御札と、
製本された設計図、それに、お昼の折り詰めと一緒に渡すビール(もちろんエビス!!)を持って、
9時15分ぐらいに自宅を出発。
開始は10時の予定なので余裕かと思ったら、途中、お茶のペットボトルの買い込むためにコンビニに寄ったりしたので、現場到着は9時50分。思ったより時間がかかったが、まぁセーフ。

上棟打合せ_P1000585 漸く形が見えてきた我が家(シートの向こうにうっすらと家が透けている)

上棟打合せ_P1000586

現地には工事管理者のN氏と、エアコン工事、照明関係の担当者の方がすでに来ておられ、まずはご挨拶。
電気工事、水道工事の担当の方は少し遅れるとのことで、早速図面を取り出して、まずは、外の玄関灯の設置位置の確認から開始。
玄関が終わるころには電気工事の担当者も来られ、総勢7名。その後、リビング、ダイニング、キッチン、収納と照明やスイッチの位置確認を実施。
キッチンでは、炊飯器やポットなど電流の多い機器を使用するためのコンセントを独立させてもらうよう変更したのと、収納内電灯のスイッチ位置を変更したが、その他は特に問題なし。

上棟打合せ_P1000562 こちらはリビング。

そうこうしている内に、私の両親も到着していた。

続いて洗面所。
壁に書かれている洗面台や鏡の位置を見て、洗面台が思ったより低く、鏡が思ったより大きいように思えたが、後で自宅に帰って洗面台の高さを確認すると、同じだった。
実物と壁に書いた線では、ずいぶん印象が違うものだ。。。
鏡は大きいような気がしたが、まぁ、小さいより大きいほうがいいでしょう。
あと、洗濯機用の排水口、蛇口、コンセント位置。これがちょっと難問やったけど、コンセントの位置と排水溝をとりあえず反対側の壁側に変更。
後はトイレだが、こちらも特に問題なし。セットで付くことになっている手すりが、手洗いカウンタがあると着ける位置が中途半端になるとのことで、(当面必要ないので)手すりの設置は実施せずとしたくらい。
上棟打合せ_P1000577 スイッチの位置にはこのようなシールが。


これで1階は大方終了。特に大きな問題は無かったので、続いて2階に移った。
2階も、階段、ファミリールーム、寝室、主寝室、ウォークインクローゼット、トイレとチェック。
こちらは、1つだけ問題が。
主寝室に設置するベッドは、今使っているものをそのまま使用するつもりなのだが、
ベッドを置く側の窓枠が思ったより低い。というか、ベッドの頭側にあるボードの高さをまったく考えていなかった。
壁側にぴったりくっつけると、ボードが窓枠より上に出て窓の取ってが隠れるかも。。。
あとシェードカーテンも邪魔になってしまう。
また、窓枠の両サイドにライトを付けるので、ベッドの向きを変えると、ライトの位置も変更しないといけない。なので、これは、とりあず帰ってからボードの高さを確認し、どうするかを決めることにした。

上棟打合せ_P1000566 2階ファミリールーム

上棟打合せ_P1000567 ウォークインクローゼット内の棚取り付け予定の壁

上棟打合せ_P1000573
上棟打合せ_P1000574 屋根裏
上棟打合せ_P1000581 窓のシール
上棟打合せ_P1000584 玄関ドアの内側にはSWHの行動指針が張られてます。
  
これで大方のチェックが終了。
時計を見るとまだ12時前だった。
他の方のブログを見ると、4、5時間かかったという方も多かったので、予想以上に早くおわって拍子抜けしてしまった。

あとは、おさらいのつもりで、写真を撮りながら一人あちこちを見て回ったが、今の段階では特に気になるところはみあたらず。
ここで、エアコン、照明の担当者は帰られるということで、ちょうどタイミングよく届いた仕出しの折り詰めをお渡しして、お別れした。

その後、外に回って、ヘルメットをかぶり、足場を上って屋根の方も見てみた。
上棟打合せ_P1000580

一通り見終わったので、御札はN氏に託し、今日のところはこれで現場を後にすることにした。
ところで、帰ってから写真をチェックして気づいたのは、1階の写真を殆ど撮っていないこと。
2階ばっかり撮影して、キッチンや洗面所など、肝心なところを取り忘れていた。。。
やっぱり、ちょっと舞い上がっていたのかもしれない。

それと、家の中はとても寒かった。今日は天気が良かったので昼ごろは外もだいぶ気温が上がってきたが、家の中はしっかり寒さが保温されているようだ。
あと、リビングが思ったより明るかったので一安心。やはり、思い切って両開きのバルコニードアにしたのがよかったようだ。
足場にシートがあり、外壁にも白い養生シートが張られて、窓が隠れているにもかかわらず、結構明るかったので、リビングダイニングは十分な明るさが確保できそうだ。
反対に、洗面所が細い型ガラス1つで、ちょっと暗い。嫁さんはこれが気になるようだが、今の家と大差ないので私はそんなに気にしてないのだが。。。

さて、12時半ごろに現場を後にし、近くの回転寿司で両親とともに昼食を食べ、両親とはその場で解散した。
他に特にすることも無いので家に帰ることにしたが、途中でふと、外溝の庭木を見に行こうと思い立った。
以前、ネットで調べて、神戸の北区に植木農園があるのを見つけていた。そこは、日曜祭日が休みなので、行くなら土曜日に限られる。
時間もまだ2時過ぎ、1時間ぐらいでいけるはずで、せっかく天気もいいので、行ってみることに。
上棟打合せ_P1000598
こちらの様子については、また明日。

あと、きょうは天気が良かったので、念願のブルーモーメントを撮影しに、舞子海岸にいってきた。
若干修正を加えましたが、1枚だけいい感じの写真が取れました。
上棟打合せ_P1000611_a

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

SWHオーナーズクラブ

SWHからまた新たなイベントの案内が来た。
年末のクリスマスパーティーが盛況で、今度は、クリスマスや夏至祭だけでなく、
新たにオーナーさんが集まるイベントを企画されたようだ。

第一弾は、参加するオーナーさんがそれぞれお勧めの一品を持ち寄って歓談をしましょう。ということらしい。
展示場を使って、オーナーさんを集めてこんなイベントをするというのは、SWHならではなんじゃないかな。

普通は、これから買ってくれる人を大事にして、売ってしまえばそれでおしまいというところが多いと思うけど、50年間の無料定期健診など売ったあとのオーナーも大事にしてくれるハウスメーカーだ。

まぁ、SWHの場合は、窓枠や玄関の扉に塗料を塗ったりと、メンテナンスが欠かせない家なので、オーナー同士の情報交換も大事だ。
まだ正式にオーナーの仲間入りしたわけじゃないけど、せっかくなのでできるだけ参加して、いろんな方と交流し、これからのSWH生活に備えることにしよう。

しかし、来週の土曜日ということやけど、果たしてなにを持っていこうか。。。

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

二階壁&トラス組み

N氏よりメールが届いたので早速アップ。
二階の壁とトラス(屋根)組みが終わったとのこと。

今日の夕方に野路板はりが終わってついに上棟。
明日には屋根屋さんにてルーフィング施工(防水シート)を実施して、
これでとりあえす雨の心配は無くなるとのこと。
冬場は寒い代わりに、瀬戸内側は天気がいいので工事も順調に進んだようである。

これが二階のファミリールーム(廊下からみたところ、左は子供部屋の入り口)
二階壁組み1_20090113225719
ファミリールームから主寝室の入り口を見たところ
二階壁組み2_20090113225843
子供部屋(奥)とファミリールーム(手前)の上に乗ったトラス
二階壁組みトラス_20090113225946

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

上棟打合せ準備

今週末にはいよいよ上棟打合せである。
うちの田舎では、大抵が在来工法なので、「建て前」をやるのが普通なのだが、スウェーデンハウスではそういうのは殆どなくて、コンセントなど細かい点を確認するのが主な作業となる。
とは言え、打ち合わせだけして解散というのもさみしいし、なにかしらしたいと思うので、他の人はどうされているのか参考にするために、スウェーデンハウスオーナーのブログをいろいろと読みあさってみた。
みなさん同じように色々と悩まれているようでだ。
とりあえず、何か仕出しでも頼もうかと思い、N氏に確認してみたが、10時開始で昼過ぎには終わるので、昼食の必要な無いということだった。
しかし、他の方のブログでは、昼を挟んで4~5時間かかる方もいるようであり、本当に2時間ほどで終わるのかは不明。
なので、お昼で終わるにせよ、終わらないにせよ、昼食代わりの折り詰めを用意することにした。
お昼で終われば、終わってから食べるか、時間の無い方にはお渡しすればいいし、時間がかかるようなら、途中で休憩して食事にすればいいかなと。

とりあえず、ネットで現場に比較的近いお寿司やさんで、仕出しの出前をやってくれそうなところを探して電話してみると、OKとのこと。
人数がまだわからないので、詳しくは2日ほど前にもう一度電話することにした。

あとは、肝心の上棟打合せでのチェック事項だが、これは、先輩オーナーのブログを参考に(ほぼそのままコピーしただけですが)、チェックリストを用意。

<チェックリスト>
(1) 足元のコンセントやスイッチプレートの高さ
(2) 照明取付位置
(3) エアコン室内機の位置/コンセント、配管ルートと室外機の設置位置
(4) エアコン室内機とインテリア(ブラインドやカーテン)との干渉確認
(5) フローリングの目方向
(6) ブレーカーの位置、回路内コンセントの総利用容量の確認。
(7) 電気メーター設置位置、電話やTV等の外部からの入線位置
(8) 最寄の電線/電柱からの引き込み入線ルートの確認。
(9) 建具折戸の開き方向
(10) トイレ、洗濯機用給排水ダクト位置と床/壁構造材等との兼ね合い
(11) 床下収納(床下点検穴)と天井裏点検穴の位置
(12) 換気システム室内給排気ダクト位置(特に給気位置)
(13) 換気システムの外部給排気ダクト位置(極端に接近していなければOK)
(14) インターホンの設置位置及び配線
(15) LAN、室内TVアンテナ線の配線、CD管配置確認

これをベースに、設計図を見比べて質問事項も考えてみた。
着工後に何箇所か変更を依頼して、製本された設計図には記載が無いものがあるので、これは付箋紙を貼り付けて、重点確認項目に。
それから、今使ってエアコンを1台持っていくつもりなので、これをいつ移設するかも確認項目にいれておいた。

あとは、今週末を待つばかり。

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

生垣が。。。

朝起きて、リビングでテレビを見ていると、リビングダイニングに面したアパートの南側の生垣が
ガサガサ、ゴリゴリと音を立てていた。
何事かと外を見ると、伸び放題の生垣を、大家さんが刈り込んでいるようだ。

毎年1回は刈り込みをしているので、今年もやってるねんなぁ、と思ってみていた。
しかし、やけにガサガサ音がしているし、普通は、刈り込みバサミなどでシャキシャキと
刈っていくものなのに、ゴリゴリとやっている。

しばらくして我が家の前の作業が終わったようなので見てみるとビックリ。
太い幹が切られていて、スッカリ丸裸でスカスカになっていた。
生垣2_20090111185617 生垣1_20090111185401
上から↓
生垣3_20090111185728

どうりで、ガサガサゴリゴリいってたわけや。
それにしても、これじゃぁ外から丸見え。アパートの前の道は行き止まりなのであまり人は通らないとはいえ、児童館が並びであるので、夕方には子供たちがたくさん遊んでいる。
いままでは、あまり気にしてなかったけど、これからはちょっと気になるかも。
でも、まぁ、あと数ヶ月で引越しなので、それまでの我慢かな。。。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

一階壁組み

工事管理者のN氏から工事の進捗状況のメールが届いた。
1階の壁組みが完了し、2階の床組みまで終了したので、今日は、2階の床の残りの作業を実施するとのこと。

届いた写真がこちら。
一階壁組み1_20090110201615

一階壁組み2_20090110201748

天気が悪かったのでちょっと心配になってN氏に電話で確認してみたところ、今日も作業しているとのことだったので、午後から現場に行ってみた。
途中、激しく雪が降ってきてどうなることかと思ったが、現場に着くと止んでいた。
ところが、2時頃に到着すると、作業はすでに終了しており、全体にシートがかけられていた。
なので、残念ながら中を見ることはできなかった。

仕方ないので、外の写真だけ撮ってきた。
全体がこれ。
一階壁組み6_20090110202341

玄関側とバルコニー側
一階壁組み5_20090110202203 一階壁組み4_20090110202032

ここがバルコニードアの開口部
養生されているにでわかりにくいけど、薄っすらと開いていることがわかる。
一階壁組み3_20090110201908

連休明けから2階の壁組みを実施し、天気がよければ14日にも上棟するということなので、中を実際にみることができるのは、上棟打ち合わせまで待たなければならない。

上棟打ち合わせは来週土曜(17日)の予定。
今から、来週が楽しみや。

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

黒豆

黒豆を煮てみた。

去年の秋に、嫁さんの実家からもらっていた黒豆を、本当は昨年末に煮ようと思っていたのだが、それがならず、さらに、元旦にまたもらって帰ってきてしまったのだ。
今日は、嫁さんは高校の同窓会。自分も何処かに出かけようかと思ったが、まだ風邪が治りきっていないので、家でのんびりすることにした。
とは言え、最近は正月でもどうも面白いテレビが無い。子供のころは、毎年三ヶ日はどの番組を見ようかと迷うほどで、兄弟でチャンネル争いをしていたものだが、大人になったからなのか、実際に面白い番組が無くなったからのか、どちらかはわからないが、最近は、どの番組もこれといって面白いとは思わなくなってきた。
とりあえず、朝から箱根駅伝を見ていたが、5時間もずっと見続けられるものでもなく、日テレの実況アナウンサーのテンションの高さにも、ちょっとうんざりするので、昨夜から水に浸けていた黒豆を煮ることに。

煮立ってからは、落し蓋でやわらかくなるまで弱火でコトコト。
黒豆1_20090103220607
水を足しながら煮ること約二時間、だいぶやわらかくなってきた。
黒豆2_20090103220722
やわらかくなったところで、砂糖と醤油を少々いれてしばらく煮込んで出来上がり。
黒豆3_20090103220852
黒豆4_20090103221008

自分の好みは、爪楊枝がやっと刺さるぐらいの硬さである。
普通は、ふっくら柔らかに煮るのに苦心するもののようだが、子供のころ、ばあちゃんが煮ていた黒豆が歯ごたえがあるもで、ずっとそれを食べていたからか、軟らかすぎるのはあまり好きではない。
が、自分でやってみると、なかなかちょうどいい硬さは難しい。
冷めると多少硬くなるのを見越して煮ていたのだが、今回は、油断しているとやわらかくなり過ぎてしまった。
甘さと塩加減も若干間違った。去年は結構うまくいったのだが、今年はちょっと失敗である。
でもまあ、上出来でしょう。

また、今日は、夕食のカレーも作ってみることにした。
明日もう一日休みなので、カレーを作っておけば明日の昼食までは、ご飯さえあれば暖めるだけで何もしなくてもよい。なので、明日も寝正月で、ゆっくり過ごし、月曜からの出社に備えたいと思う。

テーマ : 年末年始、お正月
ジャンル : ライフ

2009 元旦

正月は、毎年夫婦それぞれの実家に帰っているが、今年は、嫁さんの実家に大晦日から泊まって、紅白を見ながら年越しした後、昼ごろに私の方の実家に行ってきた。
今年は、祖母の喪中なので、実家には正月っぽい飾りは一切なし。
毎年、親父のお手製の門松が玄関先で出迎えているが、それもなく、ちょっとさみしいお正月やった。
なので、とりあえず、我が家の玄関にひっそりと飾っているお飾りで、ちょっとだけお正月の雰囲気を。
2009元旦

本当は、私の実家にも一泊するつもりやったけど、不覚にも年末のゴルフと翌日の大掃除で、風邪を引いてしまい、さらに大晦日には嫁さんにも移してしまい、夫婦で正月早々風邪ぎみ。
幸い、インフルエンザではなさそうで、症状ものどが少々いたいぐらいなので、なんとか実家にも帰ることができた。
しかし、うちの実家は兵庫県のほぼ中央。播磨但馬の国境で、2~3キロ走って峠を越えるとそこは但馬の国で雪国である。なので、実家もかなり寒い。
神戸と比べると、4~5度ぐらいは違うかも。嫁さんの実家とは、10キロも離れていないのだが、そこから比べてもかなり寒い。おまけに、典型的な日本家屋で、気密とか断熱とは無縁の家である。
昔は、窓に結露するだけでなく、朝はその結露が凍結していた。
というわけで、これ以上風邪をこじらせたくないので、泊まらずに帰ってきた。

ちなみに、晩御飯を食べている最中、雪が降り始めていたらしく、気づくと外は真っ白になっていた。
8時半ぐらいにはすでに5cmぐらいは積もっていて、一瞬、泊まった方がいいか!?と考えたが、この調子だと、翌朝は確実に30cmオーバー。そうなると益々帰れなくなるので、慌てて帰ってきた。
しかし、国道に出るまでの100mほどの道は真っ白。坂で一瞬スリップしてヒヤッとしたが、何とか国道に出た。
国道の路面は解けているかと思ったが、シャーベット状で危険な状態。神戸では殆ど雪は降らないし、スキーにも行かないので、タイヤは“ド”ノーマル。ひやひやしながら、時速20kmぐらいでのろのろと車を走らせ、3~4キロぐらい南にくだって、やっと雪が無くなり、無事に帰ってこれた。
20年間過ごした実家であるが、恐るべしである。
最近は、雪も少なくなってきたというものの、今回のような猛烈な寒波が来ると、かなり積もる。
残念ながら、写真を撮っている余裕が無かったので、画像は無し。

というのもさみしいので、去年の画像を。
雪景色1 雪景色2

雪景色3 雪景色4_20090101234746
(今年はこんなもんじゃありません。。。)


あと、大晦日の帰省前に建築現場の様子を見てきた。
26日に既に床張りが完了しているので、ビニールシートでしっかり養生がされてました。
床組み_養生1_20090101235635

床組み_養生2_20090101235938

床組み_養生3_20090102000049

床組み_養生4_20090102000225

6日からは足場組が始まって、その後、1階の壁立ち上げと2階の床組みの予定。
このままいい天気が続いてくれればいいが。
また来週見に行くのが楽しみである。

ところで、気になったのは、赤い釘が落ちていたこと。
床組み_養生5_20090102002426 床組み_養生6_20090102002647
基礎の木枠がはずされた後も、さびて曲がった釘が下地のコンクリートの上に散らばっていたのが気になったが、今回もまた落ちていた。来週行って、まだ落ちているようならN氏に言っておこう。

テーマ : 年末年始、お正月
ジャンル : ライフ

プロフィール

アヤたか

Author:アヤたか
兵庫県の小さな町でスウェーデンハウスを建てたアヤたかです。
建築中の様子と、2009年3月からはスウェーデンハウスでの日々の暮らしを、2010年3月からは子育てについても、徒然なるままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード